山田明美HPのトップページへ



私・山田明美が「これはっ!」と思うものを随時ご紹介していきたいと思います。
(他のページで紹介している物は除きます)



  オーダーメイドのお箏

 1.素材       2.綾杉彫り     3.竜舌の蒔絵               4.完成品

箏弾きである以上やはり楽器は命です。私は「工房今村」の楽器に出会ってすっかり虜になってしまいました。
みなさんはお箏を買い求める時どうしていますか。楽器屋さんへ行って並んでいる楽器の中から選んだり、先生の推薦してくださる物を選んだりと人さまざまだと思います。

しかしここ「工房今村」の楽器はすべてオーダーメイドですのでまず予算に見合った素材選びから始めます。素材・・・それはまだ材木をお箏サイズにカットしただけの状態です(写真1) それから細部に至るまですべて職人さんと相談しながらどんな楽器に仕上げていただくか決めていきます。どういうことかといいますと、自分の力量に応じた重さ(タッチの強い人は重く固め、タッチの柔らかい人は少し軽めに柔らかい音色になるよう彫ってもらいます)や、装飾である「玉縁包み」「綾杉彫り(写真2)」「竜舌の蒔絵(写真3)」といった物の有無を決めます。

ここで特に私がお薦めしたいのは「綾杉彫り」です。一般的には音穴から見える範囲にしか施されていないのが現状だと聞いています。それこそ「装飾的意味合い」しか持たない「綾杉彫り」ですが、こちらの綾杉はお箏の内側全体にしっかりと彫られます(写真2) そしてその事によって音色が非常に美しくなります。また竜角の造りも音が楽器全体に共鳴するよう考慮されており、とにかくこだわりをもって「音」を追求された楽器になっています。もう絶品です!

一度、清水の舞台から飛び降りたつもりで自分のお箏を造ってもらってはいかがでしょう



「工房今村」へのお問い合わせはにて山田明美までお願いします





           





知ってるようで知らない邦楽おもしろ雑学辞典」 西川浩平著  税抜価格1600円 発売元:ヤマハミュージックメディア

サブタイトルにもありますように「知ってるようで知らない」ことが実に面白く書かれています。特に自分の楽器以外の所では「そうだったの!!」の連続です。書かれている文章もとても西川さんらしく、まるで西川さんの口調まで聞こえてくるようです。
これは余談ですが、著者の西川浩平さんから「明美ちゃん、お箏を作る職人さんを知ってたら紹介してくれないかなぁ〜」と言われ、上記の「今村さん」をご紹介したんです。是非読んでみてくださいね。



この本に対するお問い合わせはまたは、西川浩平氏のHPへお願いします。





           




CD「すばるの七ツ」〜吉村七重プレイズ吉松隆 税込価格2940円 発売元:カメラータ・トウキョウ



とにかく聞いてみてください。
自分が弾く・弾かないにかかわらず「癒される」1枚です。