山田明美HPのトップページへ


日本語プロフィール


山田明美(箏・二十絃箏)

名古屋市生まれ
幼少の頃から母に箏の手ほどきを受けるとともに同時期10数年間ピアノを学ぶ
高校時代に出会った音楽教師の影響により本格的に箏に向かい、
現代の演奏家が備えるべき資質として楽典およびソルフェージュも学ぶ
1984年 日本音楽集団入団  団員として国内はもとより、フランス、オーストラリア、アメリカ、ソウル等での公演や、
      『オーケストラ・アジア』の旗揚げ公演などに参加している
1985年 NHK邦楽技能者育成会第30期卒業
      NHK邦楽オーディション合格
1989年よりスーパー歌舞伎「ヤマトタケル」「オグリ」「八犬伝」「カグヤ」の二十絃箏を担当
1993年 結アンサンブルのメンバーとして香港公演に参加
      「三木稔作曲 箏譚詩集全曲初通奏ソロリサイタル」開催(東京・サントリーホール小ホール)
      三木稔作曲オペラ「春琴抄」「静と義経」「隅田川」「くさびら」 フォークオペラ「照手と小栗」
      ミュージカルオペラ「うたよみざる」等の二十絃箏を担当
1994年 マリンバ奏者の臼杵美智代氏とジョイントリサイタル開催(東京・津田ホール)
1996年 沖縄県立芸術大学音楽学部非常勤講師(96年度)
1997年 モンテヴェルディ作曲オペラ「ポッペアの戴冠」(若杉弘指揮・市川右近演出)の
      通奏低音として二十絃箏を担当
      Nishikawa−Ensembleとしてカナダ・アメリカで公演を行う
      「三木稔・箏譚詩集全集」のCDを発売
1998年 長野オリンピック記念オペラ「善光寺物語」(松下功作曲)の箏を担当
1999年 ソロリサイタル開催(東京・代々木上原)
2000年 日本音楽集団団員として「プラハの春」(チェコ)・フランス公演に参加
2003年 NHK連続ドラマ「かるたクィーン」の箏を担当
      日本音楽集団団員として南米エクアドル公演に参加
      十七絃奏者の宮越圭子氏とジョイントリサイタルを開催
2004年 「日中箏交流音楽会」のソリストとして上海・香港にて演奏
      2003年と同じく宮越圭子氏とジョイントリサイタルを開催
2005年 ソウルで開催された「アジア音楽祭」のソリストとして韓国国立劇場にて演奏、
      同公演が韓国国営放送KBSで放送される
      二十絃奏者・木村玲子氏、十七絃奏者・宮越圭子氏と共に「箏トリオ響」を結成

現在は日本音楽集団を中心とした現代邦楽分野でのソロ及びアンサンブル活動の他、
斉藤隆介作三木稔作曲「ベロ出しチョンマ」の公演を全国各地で行い、
三木稔氏が主宰するオペラシアター「歌座」及び「結アンサンブル」のメンバーとして全国各地の公演に参加している。
また「あけび箏乃會」を主宰して後進の指導にも力を注ぐなど幅広く活発な演奏活動を行っている。


  http://www.geocities.jp/yamaake0814/


  English profile

2004年5月28日 日本音楽集団定期演奏会より  二十絃独奏曲「東から」